トルコのみどころ

トルコには観光客が多く訪れる世界遺産が多くあります。個人的に好きなトルコの代表的なみどころを紹介します。

イスタンブール旧市街

世界的にも有名な観光名所です。みどころがとても多く、じっくり見物するなら2~3日ほどかかります。

  • トプカプ宮殿:15~20世紀にわたり権力を持っていたオスマン朝の支配者の居城。かつては政治や文化の中心となっていました。様々な秘宝も多く展示されています。ここの裏手から眺めるボスポラス海峡は絶景です。
  • ブルーモスク:正式な名前はスルタンアフメット・ジャーミーで、トルコでも有名なイスラム寺院です。近くから見ると巨大で迫力あり、内部も青いタイルが多く使われていて美しいです。お祈りの時間以外はイスラム教以外の観光客も入場できます。
  • アヤソフィア博物館:トプカプ宮殿とブルーモスクの間にあります。ビザンツ建築の最高傑作とされ、ビザンツ帝国の時代の終わりまでギリシャ正教の大本山となっていました。
  • 地下宮殿:地下の巨大な貯水池。内部はアーチが続き神秘的な空間です。

カッパドキア

トルコ内陸部の大奇岩地帯です。他では見られない奇岩やその中のキリスト教壁画、地下都市を見ることができます。昔キリスト教の修道士が外部の攻撃を避けて岩を掘って住みはじめ、信仰を守り続けました。みどころは広い範囲にわたるので、じっくり見るなら2日ほど必要です。早朝には気球に乗って上空から絶景を楽しむことができます。地上からでも多くの気球が飛んでいる風景は圧巻です。

パムッカレ

広大な石灰棚が圧巻の温泉地です。丘の上には円形劇場など古代の遺跡もあります。お湯に入りながら石灰棚を歩くのは単純に楽しいです。子供は特に楽しめると思います。夏場は照り返しがまぶしいのでサングラスを持って行ったほうが良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました