OKY

OKYって聞いたことありますか?海外駐在員の方ならご存知かと思いますが、これは「お前が(O)来て(K)やってみろ(Y)」という略語です。海外、特にビジネス環境や人のメンタリティが日本と大きく違う新興国においては、日本の本社と現地との間で板挟みになってしまうことがあります。本社側の人が現地の事情をよく知らない人であればなおさらです。

例えば、取引先との交渉調整でこちらと本社側の主張が違う時。理屈としては本社側が正しくても、新興国では理屈をよく考えずに感情や勢いで判断する人もいます。このような人はプライドが高いことが多く、相手のメンツを保ちつつある程度譲歩することが今後長期的には得策だったりします。このような事情が日本ではわからないため、海外駐在員が板挟みになります。また、やたらと正確な数字を日本から求めてくる人がいます。経済指標であったり、自社商品の正確な市場シェアであったり。しかし中東では統計が充実していませんので、日本側の要望に応えることは難しいのです。様々なケースがあれど、海外駐在員は必ず経験するのではないでしょうか。そんな時に心の中で「OKY」とつぶやくのです。

最近ではOKOというのもあるそうです。「お前も(O)ここに(K)おっただろ(O)」というものです。例えば現地での前任者が日本の本社に帰任した場合は、現地のことを熟知しているので数少ない味方として頼りにするものですが、本社に戻ると人が変わったように無理難題を押し付けてきたりすることがあるようです。現地で同じ苦労をしてきただけに、このようになってしまうと悲しいですよね。

日本と全く異なる文化や環境の海外で生活するのは難しく、常に多くの苦労がつきまといます。仕事になればさらに大変です。日本との温度差がひどい場合は、日本側の言うことをまともに受けていたら大きなストレスを抱えることになりますので、ある程度聞き流すくらいで受け止めたほうが精神衛生上良いかもしれません。こういった難しい駐在員の事情を少しでも日本にいる人たちにも理解してほしいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました