新興国の通貨

新興国の通貨にどんな印象を持っていますか?マイナス金利の日本からすれば、新興国の通貨は金利が高いものもあって魅力的に感じます。特に金利の高いトルコリラの場合、大統領の政策で徐々に下がってきていますが、それでも実際の金利は8%前後あります。1万リラ(約19万円)で8%の金利の場合、利息は800リラ(約1.5万円)です。南アフリカランドもトルコリラほどではないですが、高金利の通貨です。駐在員の中には金利が高いので現地通貨のままにしている人も多いのではないかと思います。

ところが、新興国の通貨は非常に不安定で、価値が大きく下落するリスクがあります。トルコリラの場合、5年前のレートは50円/リラほどだったのが、現在では19円/リラまで下がっています。1万リラを持っていた場合、日本円換算で5年前は50万円、現在では19万円です。いくら高金利でも通貨の下落をカバーできません。トランプ大統領やエルドアン大統領の発言で突然レートが大きく動いたりするので、事前に動きを予測するのは難しいです。中東など、ドルと連動する通貨の国ではこのリスクはありません。

現地通貨下落のリスクを下げるには、日本円、もしくはドルやユーロなどの主要通貨に定期的に替えておくしかなさそうです。面倒ですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました